外科手術

膣を治療する方法は様々ある。膣の周りにある筋肉を鍛えることで膣を引き締めるという方法がある。
しかし、そのような膣トレーニングで結果が出なかった場合は、医療機関で治療を行うことでゆるみを解消することが出来る。
美容外科や形成外科では、膣のゆるみに対する治療や手術を行っている。膣ゆるみの縮小手術は、膣内の入り口部分を切除するというものになる。
粘膜を切除して、膣内を引き締めるための括約筋を小さくすることで膣内を狭くすることが出来る。手術を受けることで、半永久的に引き締め効果を得ることが出来ます。

膣を切開するということで、陰部を剃毛する必要がある。その後、麻酔を打つ。手術の痛みを心配する女性もいるが、麻酔を行うため術中の痛みを感じることは無い。
その後、膣壁の粘膜の切除を行い、括約筋を縫い合わせて縮める。手術時間は長くても一時間ほどである。
縫い合わせる糸は、体内に溶けて浸透するものを使うので抜糸を行う必要が無い。麻酔が切れると若干の痛みが生じるが、痛み止めを処方されるのでどうしても痛みが我慢できないときは服用すると良い。
膣縮小手術後一週間は少量の出血などがあり、入浴は控えるほうが良い。パートナーがいる場合は、一ヶ月ほど性交渉を行わないようにする必要がある。
膣のゆるみを縮小する手術にかかわらず、体にメスを入れるのは専門の外科知識と、技術が必要になる。美容外科や形成外科といった治療機関で膣のゆるみを縮小する手術を受けると良い。